自閉三兄弟の中学受験(仮)

2023年度入試の長男の中学受験のこと、発達障害のこと、教育のことなど

三男幼稚園デビュー

次男の幼稚園、満三歳児保育がありまして。

まだ中身は赤ちゃん同然なのにいいのかな…と思いつつ、次男の障害も三男のこともよくご存知の幼稚園の先生方が、大丈夫ですよ!と言ってくださるので…

とうとう幼稚園デビューしました!

 

他にも障害のあるお子さんを何人も受け入れされていて、とても理解がある幼稚園なのです。もう本当に有難いご縁です。

三歳児クラスは三男も入れて4人だけで、担任の先生に加えて時々ヘルプの先生も入っていて、すごく手厚いです。

私より(←)よっぽど丁寧に三男に向き合って対応して下さっていて、私とじーっと家にいるよりずっと三男の成長に繋がりそうです。

 

三男はというと、私と離れるときにちょっと寂しそうにするだけで、教室には大好きな電車のおもちゃもあるので泣いたりせず行ってます。

活動中も電車を手放さないそうなんですが(取り上げるとギャン泣き)、電車さえ持っていれば大人しく1日の流れに乗っているようです。

 

問題はお迎えの時間。

ベビーカーに乗せておいてから電車をうまーく取り上げようとするんですが、やっぱりギャン泣き。

そのままベビーカーで素早く退散しています…

家のおもちゃを持ってきて渡したり、お菓子を渡したりもしてみたんですがダメ。

まあ家に着く頃には機嫌もなおっているので、しばらくは我慢ですね。

ともかく幼稚園自体は楽しんでくれているようで、よかったです。

 

私も長男を産んでから8年以上、ようやく平日午前中に一人の時間が!!!

なんかまだ慣れず、現実とは信じられないくらいですが自由時間が!!

うまく使っていきたいです…!

カミングアウト

先日、次男と三男の発達障害関連の書類を書いていた時、長男がやってきて読んでいました。

大人の漢字も大体読めるので、中身が何かバレバレ(笑)

「次男と三男は発達障害なの?」と。。

隠していたわけではないし、ちょうどいい機会なので説明しました。

 

そしたら「僕は??違うかな…?」と言うので、にっこり笑って

「長男もだよ」

「お母さんは?」

「お母さんもだよ」

「お父さんは?」

「お父さんもだよ」

「全員やないかーい!」

というわけで一家で発達障害なことを長男にカミングアウトしました(笑)

 

まあ私と夫は診断されたことはないので予想でしかないですが、多分そうだろうなぁと。

長男にはわかりやすく、すごく得意なことがある代わりに、すごく苦手なことがあるんだと説明。

次男三男はおしゃべりが苦手でしょ?と。

「でももう僕はふつうに喋れるよ」

「例えば…人の気持ちがわかりにくいとか」

「人の気持ち!全然わかんねーー!」

と笑ってました(笑)

 

その分すごく得意なことがあるからお得なんだよーと言うと、そうなの??と嬉しそうにしていましたが…

これから悩んだりもするんだろうな〜

でも知っていると楽になる部分もあるんじゃないかと思うので、うちでは伝えていく方針です。

 

そうそう、タイムリーにこんな番組がはじまりましたね!

 

www.nhk.or.jp

 

色々な障害を持っている人について、小学生向けにわかりやすく紹介してくれる番組です!

さすがNHK様、とても良い番組です〜

 

 

ポイント交換で欲しいもの

長男、進研ゼミでポイントをためて交換するのが楽しみ。

けどプラス講座もやっているのでかなり溜まるペースが早く、欲しいものは大体交換してしまったのでした。

 

で、次に何を貰うか考えていて、決めたのがアディダスのリュック。

それはいいんですが、それを自分用の災害用持ち出し袋に使うんだそうです(笑)

防災系の本やテレビすっごいよく見てるもんね…

長男らしい!!と思ったのでした。

 

よく図書館で防災系の本を借りて読んでいますが、うちにある防災の本はサバイバルシリーズを除くとこちらだけ。

みんなの防災えほん (たのしいちしきえほん)

みんなの防災えほん (たのしいちしきえほん)

 

 子供にもわかりやすく書いてあるので、一冊あると良い感じ。

 

日興美術 もしものかるた 震災バージョン

日興美術 もしものかるた 震災バージョン

 

長男が好きそうと思って買いました(笑)

これこれで簡易トイレが作れるよーとか豆知識が色々学べます。

水害用も買おうか迷い中。

 

子どもの学力は12歳までの母親の言葉で決まる

 

わが子が東大・京大に現役合格! 子どもの学力は12歳までの「母親の言葉」で決まる。

わが子が東大・京大に現役合格! 子どもの学力は12歳までの「母親の言葉」で決まる。

 

 こちら読みました。

 

勉強をどうやらせるかというよりも、子どもに普段から考えさせるのが大事で、そのためにはどうすればいいかという具体例が色々と書いてありました。

例えば料理をさせるとか、失敗しそうでも口出しせず見守る、家事はお手伝いではなく仕事にして責任を持たせる、などなど…

こうして普段から考える習慣があるということが、学力の上でもとても大事という話でした。

親のNG言動集もあるので、普段の自分を反省しながら読みました(笑)

 

失敗させた方がいいというのはもちろんわかるし、私もそう思っていました。

でも特に長男のようなタイプは失敗するとものすごく崩れてしまうので、あらかじめ論理的に説明しておいた方が結果的に良かったり…

他にも、子供が何かに疑問を持ったら、すぐに答えを言わないで「なんでだろうね?」ととぼけておけば自分で考える力がつくという話がありましたが、長男の場合はむしろ説明したらそこからさらに質問してきて話が広がるので、面倒だけど長男のためにはこのほうがいいような。

まあその子によってアレンジしていくしかないですよね。

 

次男の場合はもうちょっと考える癖がついた方がいいかもしれない(笑)フィーリングとその場の波で乗り切るタイプなので…

実験中に

長男の時代にはなかったこちら、ちゃれんじのサイエンスプラスを次男にとっています。

次男のためというより、長男次男二人で遊びながら実験できる難易度なので、まあ二人用ですね。

 

kodomo.benesse.ne.jp

 

この前も二人でやっているのを見ていたんですが、きっちりやりたい長男と、めんどくさいところはなんとか簡易化してやりたい次男…

次男がざーっとやったらこぼれたかなんかで、長男が「次男は適当すぎる!!」と怒っていました(笑)

幼いからではなく、完全に性格ですね〜

「適当でも素早くできる方がいいこともあるんだよ」と次男をフォローしておきました←自分がそうなので言い訳

 

不登校は99%解決する

 

不登校は1日3分の働きかけで99%解決する

不登校は1日3分の働きかけで99%解決する

 

 読みました。

 

うちはまだ不登校というわけではないんですが、不登校になる可能性があるとはいつも思っていて、色々調べています。

その中でもこの本は目から鱗で、不登校とは関係ない親御さんでも参考になるのでは?!と思いました。

 

筆者はスクールカウンセラーをされているのですが、不登校の原因はたった一つだと

断言しています。いじめ等はただのきっかけに過ぎなくて、真の原因は心のコップの自信の水が空になってしまったからだと。

なので親や周りがしないといけないことは、自信の水を1滴づつでもいいからいれることです。

 

その方法はとてもシンプルで、毎日3回褒めること。その際に褒める人が「嬉しい」ということを絶対につける。

そんなに褒めることなんかなくても、足音でもいいから褒める!んだそう。例えば、「○○の元気な足音を聞くとお母さん嬉しいよ。」とか。

子は「はぁ?」という感じかもしれないけど、「本当にそう思うのよ。」等言ってスルーしておいて、毎日3回こういうセリフをかけ続ける。そしてそれを記録する。

 

シンプルだけど、これって実は難しいです。

「すごいねー」とか「やったねー」みたいな声かけは簡単ですが、「お母さん嬉しい」的なことを付けて言うのは結構難しくて、それを毎日3回となるとずっと子どもを気にしていて褒めるチャンスを探さないといけなくて、やってみると大変です。

でも不登校になっていなくてもこれってすごく子供のためになるんじゃないかな?と思い、本を読んでから言うように気をつけています(記録まではしていません)。

 

そうすると、

長男→やたらお手伝い等してくれて、「お母さん嬉しい?」と聞いてくる

次男→「お母さん♪嬉しい♪」という歌をつくる

三男→理解せず

という結果が出ました(笑)

ぼちぼちやっていこうと思います〜

クラス分けテスト

長男の最新のクラス分けテストの結果が出ました。

 

算数が1問間違いで、はじめて10位以内になってました…!

そして国語は案の定な平均ど真ん中(笑)

なのでトータルでは偏差値60前半で普通です。

 

算数は今の所大丈夫そうですね。

国語は…漢字も間違いがあるし記述も微妙なレベル。。

記述は時期を待つとして、せめて漢字はもうちょっと強化した方がいいのかも…

 

まぁでも朝勉30分くらいでなんとかついていけているなら、このくらいでいいのかな。

最近は朝だけ勉強して、学校から帰ってからは学校の宿題のみのペースです。

放課後は習い事や兄弟で遊んだり、読書、ボードゲーム、テレビ、ゲーム(そうそう、最近解禁していました)、DVDなどなど。。

まーのんびり過ごしています。

同じ小2ですごく勉強している子の話を見ると、大丈夫かな??って思ってしまいますが、こういう時間も大事ですよね。

 

漢字だけ意識してもうちょっとやってもらうようにしようかな〜と思ったテスト結果でした。