自閉三兄弟の中学受験(仮)

2023年度入試の長男の中学受験のこと、発達障害のこと、教育のことなど

組み分けテスト

新三年生に向けての組み分けテストがありました。

当日、「今日はできなかった〜…」と残念そうに戻ってきた長男。

そっかそっか!おつかれ!とだけ声掛け。

 

で、結果は本人も言う通り。

算数は平均ちょい上、国語はもっと上で、合計で偏差値50台後半でした。

国語は記述以外はほぼ正解なのでよく頑張ったな〜と。

算数は最後の方が間に合わず白紙の上、正答率が高い問題も間違えているので、紙の答案が戻ってきたら一緒に見直そうと思います。

 

今はあまりクラスも偏差値も気にしていなくて、とにかく既習範囲で理解不足や暗記不足(漢字など)があればフォロー、あとは毎日勉強する習慣(30分ですが…)があれば十分かなと。

長男、本人なりによく頑張っていると思います!←親バカ

 

将棋大会

久しぶりに、長男が将棋の大会に参加してきました〜。

全員連れて行くと大変なことになるので、いつも次男と三男は夫に任せて、私と長男二人で行きます。

 

決勝トーナメントに行く気満々で燃えていた長男でしたが、あと一歩届かず…

悔しかったー!と笑顔で軽く言っていました。

ものすごく悔しかっただろうに、成長したなぁ。

 

その後は自由対局(好きな人同士で指せるコーナー)で時間いっぱいまで指しまくり!

丸一日将棋を楽しみました。

「将棋楽しかったー!」「そんなに楽しめたなんてお母さんも嬉しい!(例の嬉しいの出番・笑)」など言いながら帰りました。

 

そんなに強くはないですが、やっぱり将棋が好きみたいで、長男にずっと好きでいられることが見つかったのがとっても嬉しいです。

長男が将棋好きになってから色々調べて、将棋自体も、棋士の方々も素晴らしくてすっかり私がファンになってしまったのもあり(笑)

大会に来るとプロ棋士の方々を間近で拝見できるので、ミーハー的な意味でも楽しい。

下二人を夫に頼まないといけないのでたまにしか行けませんが、また次回をたのしみにしたいと思います!

 

 

*「嬉しい」について??の方は以下を参照して頂けると… 

dreibruder.hatenablog.com

 

次男の勉強

次男の勉強、相変わらずノルマはないです。

本人の気分次第…なんですが。

 

冬休み中、「勉強する!」と言い出して、次男の勉強は私が付き添わないといけないので付き合っていたら、2時間経過…で私が疲労困憊(笑)

他の日も、寝る時間まであと1時間、家事が終わったから勉強しよう!と思ったら次男の「勉強する」の声…結局1時間びっちり勉強…私は何もできず。

いや、やる気があるのはとってもいいんですが、私と似てるのかやり始めると長い。。

付き合う方はしんどい←

早く一人でできるようになってほしいです…

 

でも勉強を見ていたら長男と全然違うのが面白くて。

長男は論理的な問題は得意な代わりに、物語のつづきを考えよう!みたいな答えがない問題が苦手で、「何書けばいいのかわかんない!」と考え込んでしまうタイプ。

何書いても間違いなんてないんだから何でもいいんだよーと言ってもダメ。

まぁ悩んで悩んで結局書いたりはしますが…

逆に次男は、図形は得意だけど論理系はヒントが必要なことも。で、お話を考えるような問題は、次男ワールド全開でいくらでも話が出てくるという…!

兄弟で全く違うのが不思議ですね〜。

長男はどうやって長所を伸ばしていくかなんとなく想像できますが、次男ってどうやってサポートすればいいのかよくわからない…(笑)

 

次男がやりたい!っていうことがあれば、邪魔しないでたくさんやらせてあげるしかないのかな〜。まぁこれは子供達全員に言えることですが。。

あとは読み聞かせ等でインプットしてあげるくらいかな〜。

そうそう、公文推薦図書の読み聞かせ、続けています。

 

dreibruder.hatenablog.com

 

理社について

 

 

塾では、いよいよ二月から理社がはじまるらしい?ですね!←よく知らんのか

長男は、まだ何も始まっていないのに、自分は理社が得意だと信じて疑っていません。。何故(笑)

 

テキストや問題集のようなものは一切買っていなくて、勉強らしい先取りはしていません。

そのかわり、主にテレビで理社の話題に触れています。

 

dreibruder.hatenablog.com

 

↑のサイトで他の番組も沢山観れるので、理科のもよく見ています。

あまり学年の縛りは気にしていなくて、小3向け〜高校向けなど、BGMのようにテレビをつけっぱなしにしています。

この前は社会だと第二次世界大戦の話を説明しながら一緒に見たり、理科だと酸化還元の話を見たりしていました(笑)

他にはクイズ番組をよく見るので、そこで都道府県や歴史の問題などを答えてみたり。

 

今はできるだけ色々な知識に触れて、「暗記」ではなく「常識」にしてほしいなと思っています。

自分の経験からですが、ある範囲のことを完璧に理解したいと思ったら、その一回り大きな範囲のことを知らないといけないんですよね。

だから小学校の範囲に囚われる必要は全く無いんじゃないかなーと。

小学校の範囲だと世界のことが少なすぎる気がするので、そちらは特に家庭で伝えていきたいです。

 

あと、この本は本人が希望したので買いました。

 

 

特に理科の方、時々眺めているのを見ます。

 

さて、本当にこの程度の対策で理社が得意なんでしょうか??(笑)

理社がはじまったら、また報告します〜

 

**追記

ネットで見た話によると、長男の塾の理社は楽しいだけの遊びのようなもので、テストもないらしい?という話でした。

私の方針に近いみたいで良かったです!長男も楽しみにしています。

漢字克服?

字が雑で汚い長男。

漢字そのものは合ってるのに、汚すぎてバツになることがたびたびありました。

家で厳しめに指導して改善させることは不可能ではないけど、絶対長男は嫌がるだろうし、長男と私の労力、時間、心理的負荷、関係性…色々考えるとコスパ悪すぎると思い何もしていませんでした。

丁寧に書いたら丸だったね〜と言うくらい。

 

そのうち漢字の配点も低くなるし、私も中学受験の時は漢字は捨てていたし(全く勉強せず取れたらラッキー程度)、社会に出ればPCスマホ使うんだから読めて正しい漢字を選べればいいかな〜とか←

 

それがですね、冬休みの宿題で長男が書いていた漢字があまりにヘロヘロなので、ちょっとアドバイス?したのでした。

 

私「漢字テストの時は、特に書き終わりのところをはっきり書くといいよ。はね、はらい、とめの所。テストは『俺はわかってる!』っていうのを丸つけする人にアピールする場だから、『ここははねでしょ!知ってるから!』っていう感じで」

長男「え、アピールすんの?笑」

私「そうそう、テストってそういうもんだよ」

 

たったこれだけの何気ない会話でしたが、新学期に早速あった漢字テストで、 “おまけなし”の100点(いつもおまけしてもらっていた…)、塾でも漢字テスト100点で、コメントに「とてもていねいな字になりましたね」と書かれていて!

確かに、しっかり書くという意思がこめられた字になっていました。

ここぞとばかりに私&夫&祖父母からの褒めちぎり大作戦で、長男はその夜ご機嫌で眠りにつきました(笑)

 

それすらできてなかったのかっていうレベルの低い話ですみません…(笑)

漢字が汚くてバツになるのは克服した…かな?という話でした。

 

冬休み終了

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

ほぼ独り言のブログですが、見てくださる方がいらっしゃるのが励みになっています。いつもありがとうございます。

 

さて、やっとやっと冬休みが終わりましたね!

特にどこにも行かず引きこもっていたので、病気にならずにすみました(笑)

子供達は勉強もしつつゲームしたり兄弟で遊んだりテレビ見たりとゆっくり過ごしていました。

目標だった1日一本以上の映画、達成しましたよ〜

観たものを書いておきます。

 

ホームアローン

ホームアローン2

シュガーラッシュ

ミニオン

怪盗グルーのミニオン大脱走

怪盗グルーのミニオン危機一髪

ハイスクールミュージカル

ハイスクールミュージカル2

シンゴジラ

ドラゴンボールz復活のf

サウンドオブミュージック

パディントン

ビリギャル

忍たま全員出動

かいけつゾロリzzのひみつ

スタートレック

ET

アナと雪の女王

秒速五センチメートル

少林サッカー

 

以上です。

特に長男がウケていたのが、ホームアローン少林サッカー

あと意外にも長男、ビリギャルで号泣(笑)

次男はやっぱりミニオンが好きみたいでした。

 

それでは最後に、今年の目標を書いておきたいと思います。

1.私自身が新年早々新しい習い事を始めたので、こちらをしっかり継続すること!

2.数年単位で私自身の勉強計画を立てているので、こちらもこなしていくこと!

3.子供達の笑顔とそれぞれの成長をサポートしていくこと!

 

今年も楽しく頑張っていきたいと思います〜

幼稚園の発表会

幼稚園で劇の発表会がありました。

私は三男が何かやらかして迷惑をかけないか、始まる前は心臓がキューっと縮む思いでいました。。

開始まで長く感じる…

 

以前も書きましたが、こういう時に次男の心配は無くて。

ちゃんと台詞も動きも歌もダンスもできていました。さすが次男←当たり前

 

私はいつ三男がこちらに来てもいいように、最前列の端に座っていました。

案の定、出番を待っている間椅子に座っていられない三男。床に寝そべったり、先生に抱っこされたり、途中からは私の方に来て、私が抱っこしていました。

そして他の子の歌やセリフを覚えていて勝手に言いそうになる!ので、口を塞いだりしてなんとかかんとか、、

出番の時は先生に連れていかれて、先生にホールドされつつ舞台の端でぐでーっとなったり後ろを向いたりたまに歌ったり…(笑)

 

でもとにかく叫んだり脱走したりせず無事に終わってよかったです!←ハードルの低さ

正直出れなくても仕方ないし、それでも全然構わなかったんですが、先生方はやっぱりみんな一緒に…ということで頑張って下さって、感謝しかないです。

来年は先生のサポートなしで舞台に立てるといいな〜