自閉三兄弟の中学受験(仮)

2023年度入試の長男の中学受験のこと、発達障害のこと、教育のことなど

長男の自分計画

手帳と付箋で勉強計画を管理する方法を始めて数ヶ月。

塾で宿題をもらったり、チャレンジが届くたびに私が計画を貼っていましたが、とうとう長男が自分で付箋を貼るようになりました。

 

私は1日に付箋が3枚程度になるように加減していたんですが、長男はいきなり1日6枚以上貼りまくったりして、自分の負担無視(笑)

◯日で全部終わるー!と喜んでましたが、絶対破綻するでしょそれ…みたいな計画。。でも何も言わずに本人任せに。

 

で、やっぱり多すぎてできない日があったりして、そしたら後日に上手く貼り替えて自分で調整していました。

この日は忙しいから少なめ…なども自分でカレンダーを見ながら決めているようです。

 

ほぼ日ホワイトボードカレンダー2018 フルサイズ 壁掛け?

ほぼ日ホワイトボードカレンダー2018 フルサイズ 壁掛け?

 

ちなみにうちのカレンダーはこちら、ホワイトボードなので変更が楽! 

 

また塾の負担が変わってきたら私の手が必要になるかもしれませんが、4年までは量もあまりかわらなさそう??なので、しばらくは本人任せで良さそうです。

頼もしいけど、ちょっと残念(←計画立てるの好き)。

長男のプールその後

プールを怖がりすぎるので1回休ませて貰った話を書きました。

 

dreibruder.hatenablog.com

 

その見学で勇気が湧いた(本人談)とのことで、その後は毎回参加しており、今日は顔つけ3秒できた!今日は頭までもぐれた!今日はプールの底においてあったお宝(?)取れた!…など順調にレベルアップしていました。

 

で、とうとう夏休み中の自由参加のプール教室にも、全部行く!と言うので参加させることにしました。

まだ泳げはしないようですが(笑)、プールが好きになったみたいで良かったです。

先生が優しく指導してくれているんだろうなぁ。。有難いことです。

自分の勉強の意味

今日は完全に自分語りのみになります。

 

私の趣味は読書と勉強です。

その時によって気になるジャンルに全力投球する、まぁ傾向バリバリの過集中タイプです。

集中している時は何も聞こえないし、家族によると息も止めていて、苦しくなると息継ぎをしてまた止めているらしいです。完全に無意識です。健康に悪そう…

 

子が発達障害と分かった時は発達障害関連の本やネットを調べまくっていたし、長男が中学受験をした方がいいんじゃないかと思ってからは中学受験にハマっています。

調べていると、あれもいいなこれもいいなと色々試してみたくなります。

子の負担にならないものなら試すのはいいですが、振り回しすぎて負担になったら意味がないので、そこは気をつけています。

 

そこで活躍するのがブログ。

インプットするとやはりアウトプットしたくなるので、それが全て子に向かないよう、ブログに書いてしまうことである程度整理されて気が済むので助かっています。

 

あとは自分の勉強に集中すること。

ドイツ語のことは書きましたが、他にもピアノや数学や歴史や科学や芸術や古典文学などその時興味のあるものについて学んでいます。

自分のことであれば、無茶なスケジュールで詰め込んだり(家事育児時間以外は全て)、試行錯誤で色々方向転換したりなど、好き勝手しても誰の迷惑にもならないのが良いです。

あと、特にうちの子らは成長が年単位でストップしたり、ものによっては教えても全く定着しなかったり、過剰な期待をするとしんどいし子らのプレッシャーになると困る…

育児は本当に親の努力だけではどうにもならないことが多いですよね。

でも自分の勉強は自分の努力次第でどうにでもなるし、成長を実感できて毎日充実して過ごせます。

 

私の脳の傾向として、思考力>>記憶力>瞬発力なので、パッと反応するのが本当に苦手で日常生活で不便だし、なかなか覚えられなくて苦労しますが、ずーっと考え続けることは全く苦になりません。体さえ持つならずーっと勉強し続けたいです。

なので、例えば子の発達や受験にしか興味がなかったら、一日中そのことについて調べたり考え続けることになり、その結果色々試したり子に何か言いたくなったりする可能性が高いです。

それを防ぐために自分の勉強を中心に考えることで、子らのことを考え過ぎないで済んでいるというわけです。家族円満のためにもなっています。

まあ当然、好きだからやっているのが第一なんですが(笑)

  

私の興味あるジャンルは全く実用的ではないし、収入につながるわけでもないのに、何無駄なことしてるの?とも言わず好きにさせてくれる夫に感謝です。

むしろこういう知識や考えを夫にもシェアすることで、回り回ってビジネスでも役立っていると言ってくれるので…本当に有難いです。

組分けテスト

直近の組分けテストが返ってきました。

テストがあった日、長男が「全然できなかったー」と言いながら帰ってきて、感想を言うなんて珍しいな〜と思いながら「そうなんだー」とだけ返したんですが。

 

事実、入塾した時のテスト並みに偏差値が低かったです。

国語、算数、合計、全て40台後半でした〜。

 

で、週末に二人で間違い直し。

 

・国語

漢字が汚くて2問間違い。

記述は、私が読み聞かせをしながら間違えた問題のあたりでストップし、記述も口頭で答えてもらう方式で。難しそうなら私の演技によるヒントも入れつつ(笑)

記述で時間がかかったようで、最後の方は間に合わず白紙でした。あらためてやってもらったらできたので、こっちを先にすれば◯点あがったねーという話をして終了。

 

・算数

計算問題で3問ミス。次の問題でも単純なミスが一つ。

最後の方の問題は長男には難しかったかな。私が問題を音読して、場合によってはさりげなくヒントを出しつつ解きました。

 

総合すると、ミスがなければいつも通りだけど、この日のように集中できずミスが多ければこのくらいの成績になるのかな?という内容。

基礎的な内容に抜けはなさそうなので対策とかはいらないかな〜

以上です!

次男の絵

親バカモードで失礼します。

 

以前次男はなんかアーティストっぽいという話を書きましたが、学期末に幼稚園から持って帰ってきた絵もまたそんな感じでした。

中国の山の絵?のようなものを背景に、ピンクの雲のようなもやもやに黄色のアクセント。

何かはさっぱりわからず。

 

「また素敵な絵だねー!何を描いたの?」と聞いたら、

「世の光だよ!」

 

…世の…光???

うち特に宗教やってないですし、幼稚園もキリスト教系とかではないですよ…

どこからその発想なのか謎すぎて。

長男みたいに、電車!とか、運動会の絵!とかわかりやすいのが普通だと思ってたんですが、どうなの??普通なの??(参観日で見る限りでは普通ではなさげ・笑)

 

相変わらず家では黙々と粘土で謎オブジェを作る時間が長い…

本当兄弟でも色々違って面白いです。

灘→東大理三の三兄弟を育てた母の秀才の育て方

 

「灘→東大理III」の3兄弟を育てた母の秀才の育て方

「灘→東大理III」の3兄弟を育てた母の秀才の育て方

 

 読みました。

 

以前も書きましたが、私の考えと違うところもたくさんあります(お手伝いとか)。

が、著者はそれを絶対だと言っているわけではなく、あなたのお子さんに合うようにしてくださいと書かれています。

 

この本で私が参考にしたいと思ったのは、社会の副教材にるるぶを使うこと。確かに読んでいて楽しいですもんね。

小3から塾で都道府県を順に習うそうなので、その度に買い足して一緒に眺めたりしてみようかなと思いました!

 

あと、暗記科目は母がお手製暗記ノートを作って、食事中にテンポよく読んでいくという方法。これも子どもの負担が少なく暗記をカバーできるので良いですね!

ついでに他の兄弟も覚えられるし(笑)暗記ものが始まったら真似したいです。

 

他には、国語は母が解説しながら音読するという方法も。親が説明を加えながら読むというのは目から鱗でした!子が読んでいる横から言うのは邪魔ですしね(笑)

塾で国語教材やテストを貰ったら、これまた食事中に私がちょっと気持ちの説明など補足しながら音読しようと思います。

 

色々と参考になりました。著者の他の本も読みたいです。

 

***

後日、早速塾のテキストを音読してみました。

問題はできているのに、ここの感情の流れが理解できてなかったの??ということがあり、ちゃんと説明できて良かったです。

子には負担無いですし、続けたいと思います!

グッドドクター

今期見るドラマといえば、こちら!

 

www.fujitv.co.jp

 

自閉症の研修医の話です。

見ないわけにはいきません!

 

主人公の体の動きや話し方、諸々…傾向強いな〜、でもあの記憶能力!羨ましい!

周りの医師や患者さんの保護者の方々の言い分 は、もうその通りですよねとしか…

対人の仕事は傾向ありの人間にはとても難しいです(私も苦手)。

どうやっていくのか??続きが気になります!

長男もとても気に入った様子。通じるものがあるのか??

ただ、怪我や手術のシーンは、うわー!無理ー!と怯えています(笑)

 

hataraku-saibou.com

 

同時期に見始めたアニメ。

体内の細胞たちが擬人化されていて、面白いです!

長男大喜びで、キラーT細胞!マクロファージ!と言いながら見ています。